筋肉体操で紅白にも出場したイケメン。日本に帰化し日本語もぺらぺらで、職業は庭師とかなり渋いけど、初見だった時は「こんな人もいるんだな」と思った方も多いのではないでしょうか。
筋肉体操が知れ渡ってからはSNSで動画をアップしたり自伝的エッセイという形で書籍も出すということで、今後ますます注目度が高まっていく村雨辰剛さん。ネプリーグにも出演して、筋肉だけじゃなくて頭も良い所も見せてくれるに違いありません。

スポンサーリンク

村雨辰剛ってかっこいいし日本語うますぎw

幼少期から伝統文化や古い物に興味があり、特にアジアの歴史に興味を持っていたそうです。
アジアの中で日本に興味を持ち、当時住んでいた環境には日本語を学ぶ為の教室もなければ情報もない状態で、ネットで知り合った日本人から日本語を学んび、その日本人の所を訪ねる形で日本に初来日しました。
その時は16歳で逗子と横浜に3ヶ月のホームステイをされています。
この時の経験で将来日本に移住する事を考えるようになっていたようですね。

管理人管理人

16歳からでも本気で学ぼうとすればあれだけ日本語が上手になれるんだな


村雨辰剛さんは現在は日本に帰化していますが、元々生まれはスウェーデンの南部にあるマルメ近くのエルケルユンガという町の出身です。
本名は「ヤコブ・セバスティアン・ビヨーク(Jakob Sebasitan Bjӧrk」帰化する事で村雨辰剛という名前に変わっています。
管理人管理人

背が高くてかっこいいし、動画で話している音声も聞きましたが、日本語もうまくて頭の良さそうな話し方をされるという印象を受けました。


それに加えて筋肉も程よくついてて、かなりモテてきたに違いありません。

村雨辰剛の学歴は

  • スウェーデンの高校を卒業で、学校名などは情報が無い。
  • 日本に移住してからは語学教師を名古屋でしていた。
  • その時現在所属している事務所にスカウトされる。
  • 23歳から語学教師を辞めて庭師に転職。

日本の文化に触れる事の出来る仕事につきたいと思い転職を決意したそうです。

村雨辰剛と加藤造園の関係

庭師になり修行させてもらっていたのが、愛知県西尾市にある加藤造園でした。その親方の元で5年の修行をへて庭師として独立。(2017年3月)
芸能事務所のタレントとしても活躍されているので、タレント活動と、筋トレと筋肉に関する仕事とマルチに活躍しているので庭師の仕事する時間あるの?と疑問には思います

まとめ

  • 16歳の時に日本人から日本語を教わり、その後も勉強を続けてきた
  • 最終学歴は高校。その時スウェーデンの軍隊に入るか日本に移住するか悩んで日本に移住した
  • 愛知県西尾市にある加藤造園で5年修行した
スポンサーリンク