秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚が延期となっている小室圭さん。
少し前には留学をし、帰国後も母親「佳代」さんの金銭トラブルなどで、イメージダウンし続けてしまっている状態。そのせいかネットには眞子様に対して「かわいそう」「結婚後の生活は」「収入はどうするのか」など反対意見が多数となっています。
小室圭さんの母親である「佳代」さんの「現在の仕事」「収入はいくらあるのか」などを読み進める事で確認頂けます。

スポンサーリンク

小室圭さんの母親佳代さんは現在どんな仕事をしている?

現在までに小室圭さんの母親である佳代さんの仕事場は、東京目黒区にある「マッターホーン」という美味しいケーキやソフトクリームやクッキーなどを楽しむ事ができるオシャレなお店です。
ケーキ屋さんの中に喫茶スペースがある作りになっていて、かなり人気店のようです。
お店の中でどんな業務をされていたのかは情報はありませんが、ケーキを作っているパティシエさんならもう少し給料が高い気がするので、おそらく接客やケーキの販売を行っていたと思われます。
2010年当時、金銭トラブルで話題になった元婚約相手とも交際しており、この頃からマッターホーンで仕事をしていたようです。月収にすると12万円。
小室圭さんと眞子様の結婚延期が発表された2018年2月6日の直後には、仕事を休んでいるようです。
仕事を再開したのは同年の3月頃からで、この動きを知った世間からは「借金返済で働かなくてはいけなくなったのか」という意見が多くSNSで見られました。

スポンサーリンク

小室圭さんの収入は?眞子様がかわいそうの声

小室圭さんはパラリーガルとして法律事務所で働かれています。

パラリーガルは、法律事務所に勤務し、弁護士の指揮ならびに監督の下で、その法律業務を補佐し、定型的な事務を代行する職業をいいます。

勤務先の法律事務所は、奥野総合法律事務所という事がわかっており、年収は明確な情報は無いものの、400万円程だと言われています。
亡くなった父親の遺族年金が約9万円、圭さんの祖父の年金、母親佳代さんのパート代12万と圭さんの年収400万円が一家の総収入という事になります。
世間で言われている「眞子様がかわいそうの声」についてですが、世間的には皇族は華やかな生活をしているイメージがついてるから出てくる意見なのかもしれませんね。
秋篠宮家の平成30年度の皇族費は「6710万円」との事で家族構成は5人なので均等に分けたとしてもかなりの金額です。

管理人管理人

世間のイメージ通りかなり裕福な収入だ

皇族が身分を離れる時の一時金と独立生計と立てるための一時金が含まれます。

眞子様が皇族の身分を離れる時に支払われるという一時金も中に含まれており、その他必要経費などもあるので「自由に使っていいお金」というのはそんなにも大金ではないという事です。

皇族が身分を離れた際に、家族との関わりや援助などがあるのかについてはというと、2014年に一般男性と結婚した高円宮家の次女・典子様の現状を知るとイメージし易かったのでご紹介します。
頻繁にご家族を会っているそうで、皇族ではなくなっても完全に縁が切れるという訳ではないので、親子の付き合いはされていくと思われます。
眞子様ご自身も就職されるのか皇室に関わる仕事をされるかで収入は確保されるでしょうし、収入に問題はない物と思われます。「嫁ぐ」というと専業主婦のイメージがまだまだ日本は強いので「かわいそう」と思われてしまうのかもしれません。

スポンサーリンク